エーデフェンス

エンタメのレビュー&情報ブログ

『ジュラシック・ワールド 炎の王国』ネタバレ感想 面白いが前作とやっていることは同じ…!?

『ジュラシック・パーク』の続編として世に放たれた『ジュラシック・ワールド』

『ジュラシック・ワールド』ではイスラ・ヌブラル島の恐竜テーマパークが崩壊。最新作『ジュラシック・ワールド』はパーク崩壊から3年後の世界が描かれます。

これがやはり面白かった。しかし、どこか前作と似たり寄ったりな印象を受けたのも事実。新鮮味があまり感じられない、少し残念な続編になっていました。

スポンサーリンク

 

作品紹介・あらすじ

イスラ・ヌブラル島の恐竜テーマパークがインドミナスレックスの暴走により崩壊。それから3年が経過し、島では火山活動が活発化。恐竜たちを保護しようと人類が動き始める。

しかし、その裏には新たな野望が存在した。人類はまたしても新たな恐竜を生み出そうとしていた…。

 

監督はJ・A・バヨナ。主演は前作から引き続きクリス・プラットとブライス・ダラス・ハワードが務めています。

 

前作と同じことの繰り返し…!?

前作『ジュラシック・ワールド』では人類が生み出したハイブリッド恐竜インドミナスレックスによってパークが崩壊。それから3年後、島の火山活動が活発化。島に取り残された恐竜を救うために人類が動き始めます。

 

しかし、これには裏があり恐竜救済を申し出たロックウッド財団の資産運用担当者ミルズが恐竜を売りさばくためだった。

さらにはラプトルとインドミナスレックスの遺伝子を掛け合わせ新種の恐竜インドラプトルを生み出したのです。

 

インドラプトルのおかげで恐竜オークションは大パニックに陥ります。

 

前作も遺伝子操作という自然をゆがめる人類の過ちにより罪のない人々が犠牲になるほどのパニックを引き起こしましたが、今作でもハイブリッド種が暴走してしまう…。

ハイブリッド種が暴走するせいか、やっていることが前作とあまり変わらない気がしました。

 

なんだか結局は人類の悪しき行動が全ての元凶であるということを嫌でも知らしめたいのかなと感じましたね。前作から二度にわたって遺伝子操作に対する警鐘を鳴らしているのせいか作品全体から説教臭さを感じます。

 

しかし、元をたどれば『ジュラシック・パーク』も絶滅した恐竜を生き返らせるという人類の傲慢さを描いた作品です。人間が自然を捻じ曲げようとすることに対して警鐘を鳴らすのは仕方がないことかもしれません。

 

ですが前作からほぼ変わらない設定で警鐘を鳴らすのではなくもっと別の形で提示してほしかった。

 

監督が代わったおかげか演出がホラーチックに進化して恐竜の荘厳な雰囲気が格段に増していて震えあがるほどで、テンポも良く飽きさせることのない作りの面白い作品ですが、新鮮味を感じませんでした。前作と同じことを繰り返しているように見えました。

 

テーマの根幹が前作から代わり映えしない印象が付きまとう残念な仕上がりになっています。